ブロッコリーを克服するまでプログラミング

プログラミングとか趣味とかを報告します。

Pythonで画像処理をする

Python 3日目の僕です。普段の仕事ではシス管みたいなことをしているのですが、学生時代を思い出すとやはり画像処理とかもやってみたかったので、Pythonで画像処理をしてみます。

 

とりあえず、「Python 画像処理」でぐぐる。ぐぐったら「Pillow」とかいうPythonのライブラリ的なものがいるらしい。

 

環境 : Windows10 64bit PythonV3.6

1, 下記URLからPillow4.2.0をクリック

f:id:atwtama:20170707230934p:plain

Index of Packages : Python Package Index

2,Pillow-4.2.0.win-amd64-py3.6.exe をダウンロードして、実行する。

f:id:atwtama:20170707231239p:plain

 3, ウィッス(Pythonディレクトリは自動的に設定されました)

f:id:atwtama:20170707231613p:plain

4. ウィッス(次へとか完了とか押す)

f:id:atwtama:20170707231707p:plain

 

インストーラが有能だから、ふつーになにもせずインストールできました。

 

次はコードを書いてみます。エディタで「testImage.py」というプログラムを書きました。

・testImage.py(色付き文字で埋め込む勉強しときます・・・。)

f:id:atwtama:20170707232023p:plain

 

 実行するとこうなります。かわいいですね。出力画像中心の青四角は画素アクセスできるかどうかのテストです。

f:id:atwtama:20170707232631p:plain

 

Python Ver3.6で標準出力するだけ

昨日、Pythonのインストールを行いました。なので、本日は「.py」ファイルから標準出力してみます。(小学生並みの進捗)

 

まず、コマンドプロンプトからコマンド「python」を入力して、Pythonが実行できるかどうかを調べます。

f:id:atwtama:20170706231003p:plain

実行した後に「>>>」が表示されればOK。

なお、Pythonを切断するときは「Ctrl+Z」後に「Enter」みたいです。

いろいろ試してみましょう。

f:id:atwtama:20170706231526p:plain

しょぼいコードだけどくっそ楽しい。(高専時代の研究で使用してたMatlabを思い出すぜ)当初の目的が.pyの実行だったのに、完全にコマンドラインで遊んでいました。

 

適当なエディタでprint文とかを書いてみます。PythonはIDLEとかいうエディタがついてるみたいですね。

 

f:id:atwtama:20170706231956p:plain

コマンドライン上で(pythonとか実行していない状態)で.pyファイルが置いてあるディレクトリまで移動する。その後、「python testPython.py」(ファイル名は適当)を実行。

f:id:atwtama:20170706232329p:plain

それっぽい文字列がでたぞわーい。

 

 

しれっと成功しているように見えますが、実はちょっとだけつまずきました。

標準出力の方法を調べてたら 「print 'Hello Python'」でいけるよ!という記述を見つけたのですが、エラーが出て実行できませんでした。どうやら、バージョンで違う(?)みたいですが、ぼくしょしんしゃだからよくわからない。

 

ブログ一回目からPython for windowsを導入する

突然ですが、今からPythonWindowsインストーラをダウンロードするので、やりながら記述していこうかなと思います。リアリティを追求した記事を投稿できれば幸いです。

 

なお、環境はWindows10です。

 

手順1, Pythonインストーラをゲットする

www.python.org

 

2017年7月は下記のような状況みたいですね。Ver3.6.2なるものがあるようです。

 

f:id:atwtama:20170705231529p:plain

 

何も考えず、Version3.6.2rc1 Windows executable installerにした

そして実行!!!

f:id:atwtama:20170705232203p:plain

 

 32bit!!!!!(この後 Windows x86-64 executable installer をダウンロードした)

初見インストールしながらリアルタイムに記事を書いているので、ミスも許容してしまう寛容さ!!!

 

「Add Python 3.6 to PATH」をチェックすると、環境変数を設定してくれるようなので、チェックしたほうが良いです。また、インストーディレクトリを指定したい場合はCustomize installationをクリックしたらよいはずです!(説明雑)

 

そして私は特に考えずにInstall Nowを押したのですが、ディレクトリを確認しようとしたところよくみると「C:\Users\user\AppData」で、なんかいやだったので結局、Programfileに置きました。

 

 

 

 

 

 

(簡単すぎて手順1しかないやんけ!これ記事にする意味あるのか。)

 

コマンドプロンプトからpythonを実行してみます。

僕みたいなエリートは上記したように、インストール時に「Add Python 3.6 PATH」にチェックを入れてインストールしているはずなので、下記で実行できます。

 

手順2, 以下のとおりキー入力する。

 「Windows キー」 → 「cmd」(コマンドプロンプト) → 「python

f:id:atwtama:20170705235001p:plain

それっぽいのが出てきたしOKなんじゃね!?