ブロッコリーを克服するまでプログラミング

プログラミングとか趣味とかを報告します。

ブログ一回目からPython for windowsを導入する

突然ですが、今からPythonWindowsインストーラをダウンロードするので、やりながら記述していこうかなと思います。リアリティを追求した記事を投稿できれば幸いです。

 

なお、環境はWindows10です。

 

手順1, Pythonインストーラをゲットする

www.python.org

 

2017年7月は下記のような状況みたいですね。Ver3.6.2なるものがあるようです。

 

f:id:atwtama:20170705231529p:plain

 

何も考えず、Version3.6.2rc1 Windows executable installerにした

そして実行!!!

f:id:atwtama:20170705232203p:plain

 

 32bit!!!!!(この後 Windows x86-64 executable installer をダウンロードした)

初見インストールしながらリアルタイムに記事を書いているので、ミスも許容してしまう寛容さ!!!

 

「Add Python 3.6 to PATH」をチェックすると、環境変数を設定してくれるようなので、チェックしたほうが良いです。また、インストーディレクトリを指定したい場合はCustomize installationをクリックしたらよいはずです!(説明雑)

 

そして私は特に考えずにInstall Nowを押したのですが、ディレクトリを確認しようとしたところよくみると「C:\Users\user\AppData」で、なんかいやだったので結局、Programfileに置きました。

 

 

 

 

 

 

(簡単すぎて手順1しかないやんけ!これ記事にする意味あるのか。)

 

コマンドプロンプトからpythonを実行してみます。

僕みたいなエリートは上記したように、インストール時に「Add Python 3.6 PATH」にチェックを入れてインストールしているはずなので、下記で実行できます。

 

手順2, 以下のとおりキー入力する。

 「Windows キー」 → 「cmd」(コマンドプロンプト) → 「python

f:id:atwtama:20170705235001p:plain

それっぽいのが出てきたしOKなんじゃね!?