ブロッコリーを克服するまでプログラミング

プログラミングとか趣味とかを報告します。

Pythonで画像処理をする

Python 3日目の僕です。普段の仕事ではシス管みたいなことをしているのですが、学生時代を思い出すとやはり画像処理とかもやってみたかったので、Pythonで画像処理をしてみます。

 

とりあえず、「Python 画像処理」でぐぐる。ぐぐったら「Pillow」とかいうPythonのライブラリ的なものがいるらしい。

 

環境 : Windows10 64bit PythonV3.6

1, 下記URLからPillow4.2.0をクリック

f:id:atwtama:20170707230934p:plain

Index of Packages : Python Package Index

2,Pillow-4.2.0.win-amd64-py3.6.exe をダウンロードして、実行する。

f:id:atwtama:20170707231239p:plain

 3, ウィッス(Pythonディレクトリは自動的に設定されました)

f:id:atwtama:20170707231613p:plain

4. ウィッス(次へとか完了とか押す)

f:id:atwtama:20170707231707p:plain

 

インストーラが有能だから、ふつーになにもせずインストールできました。

 

次はコードを書いてみます。エディタで「testImage.py」というプログラムを書きました。

・testImage.py(色付き文字で埋め込む勉強しときます・・・。)

f:id:atwtama:20170707232023p:plain

 

 実行するとこうなります。かわいいですね。出力画像中心の青四角は画素アクセスできるかどうかのテストです。

f:id:atwtama:20170707232631p:plain